ビデオギャラリー

6月開催「高経年化プラントの維持管理」のお知らせ
2020年春に東京で開催
カンファレンス&展示会のお知らせ
Managing Aging Plants English

明電舎 非破壊検査カーボンナノ系冷陰極X線管の製品化

2019年4月19日

株式会社明電舎は、カーボンナノ系冷陰極X線管(管電圧120kV、管電流1mA 以下本製品)の製品化に成功し、2019年10月より販売開始。真空技術(真空コンデンサの可変機構と真空炉中真空封止方式)の応用(明電舎特許技術)によって、製品化に成功。
製品は、X線検査装置のX線を発生させる部品である。現在使用されている熱陰極X線管に比べ、小型・軽量・省電力となり、X線検査装置の小型・軽量化が可能とするため、プラント配管検査などインフラ分野への用途拡大が見込まれる。明電舎は、この製品と共に、新たに非破壊検査市場に参入。今後、市場ニーズに応じて、製品のラインアップを増やし、小型X線検査装置の普及に貢献する予定。

過去のニュースをもっと読む.

スポンサー

Schmidt + ClemensJGC Corporation

協賛

Japan Society of Corrosion EngineeringJapan Institute of Plant MaintenanceThe Japan Petroleum InstituteJapan Valve Manufacturers’ AssociationHigh Pressure Institute of Japan