Managing Aging Plants English

山九 稼働中のプラントをドローンで検査

2020年8月5日

山九は、ドローンメーカーであるルーチェサーチと山九グループ傘下の日本工業検査の3社によって、稼働中のプラントにおける飛行ドローンを使用した検査を実施。飛行ドローンによる検査を稼働中のプラントで行った事例は国内初。日本ゼオン水島工場の配管ラックを、赤外線ガス検知カメラを搭載したドローンを使用し可燃性物質漏洩検知スクリーニング検査を実施。ガス検知性能を確認後の赤外線ガス検知カメラをドローンに搭載し、隔離距離を維持しながら配管ラック、タンク天板等の可燃性ガス漏洩検知スクリーニング飛行を実施。スクリーニング検査として対応可能であることを実証。

過去のニュースをもっと読む.

スポンサー

Schmidt + ClemensJGC Corporation

協賛

Japan Institute of Plant MaintenanceWorld Class MaintenanceJapan Valve Manufacturers’ AssociationThe Japan Petroleum Institute